大手の会社とLCCはどちらが得?失敗しない航空会社選び

- 大手航空会社とLCCの賢い利用法とは?

新着情報

◆2016/02/24
大手航空会社とLCCの賢い利用法とは?の情報を更新しました。
◆2016/02/18
LCCは安全性に問題は無いのか?を新規投稿しました。
◆2016/02/18
格安航空チケットの探し方を新規投稿しました。
◆2016/02/18
乗り心地はどう評価されているか?を新規投稿しました。
◆2016/02/18
早割とLCCのチケットではどちらが安いか?を新規投稿しました。

大手航空会社とLCCの賢い利用法とは?

国内旅行の交通費を安くするなら、今人気のLCC(格安航空会社、ローコストキャリア)は欠かせない手段です。
世界中で主要な交通手段になってきているLCCですが、国内でも格安航空券を狙ってお得に旅行をする人が増えてきました。
当サイトでは、そんなローコストキャリアならではの魅力に迫っていきたいと思います。


ローコストキャリアと従来の航空会社との違いは?

ANAやJALなど、従来の大手航空会社ではキャリアの選択肢が限られており、格安航空券を手に入れるチャンスもなかなかありませんでした。
しかし、格安航空会社では様々な施策によって大幅なコストカットを実現しており、従来ではありえないくらいの激安価格でチケットを買えるようになったんです。
他にも、細かい点で大手航空会社との相違点をまとめてみると、次のようになります。

  • 都心より少し離れた使用料の安い空港から利用できる
  • 単一の機材で常に最新の飛行機を稼働させている
  • 分かりやすい直行便により地方都市間の移動がしやすい
  • 一人のCA、スタッフが複数の役割をこなしている

こういった特徴により、機材や人件費、空港使用料などの経費の削減に成功しているのです。
特に安全にかかわる問題が大きい航空会社では、航空チケットが安すぎるとかえって何か事情があるのでは?と心配になるものです。
しかし、それも様々な工夫と努力の末にようやく達成できている背景が分かると、安心して搭乗できるようになりますね。

格安航空会社と大手航空会社の価格競争

現在では、ローコストキャリアに限らず大手航空会社でも、負けじとチケットの割引やセールを行い、価格競争でどんどんチケットが安くなってきています。
これには、2000年代からアメリカで大手航空会社の収益が減少傾向にあることも影響を及ぼしています。
テロ対策として慎重に安全性を追及した結果スムーズな運航に支障をきたし、リーマンショックをきっかけに交通費の削減傾向も強まったことから、安くて稼働率の高いローコストキャリアの需要が高まったのです。
世界的に見ても、格安航空会社の数は大手に迫る勢いで、搭乗数のランキングにおいては上位の多くを占めているほどの人気です。
日本でも、このような傾向はさらに強まっていくのではないでしょうか?

日本でのローコストキャリアの展望

日本国内でも、「オープンスカイ」政策と「アジア・ゲートウェイ」構想により、格安航空会社にとって有利な規制緩和が進められてきました。
これからも、より低料金でサービスを向上させた新規航空会社の参入が期待されるところです。

また、アジア圏を中心に海外のローコストキャリアの日本における就航も進んでいます。
たとえば、初めて国内で就航された中国の春秋航空や、羽田空港から利用できるエアアジアXが有名ですね。
今後はアジア圏への格安往復航空券による旅行が、もっと便利になっていくのは確かなことといえるでしょう。

日本での大手航空会社の展望

ローコストキャリアが普及してきているとは言っても、料金面以外で大手航空会社が勝っている点もいくつかあります。
さらに、航空チケットの安さの面でも、早割制度の導入など他社といい勝負になってきています。

チケットの価格を比較するなら、大手と格安会社を問わず、旅行の日程に応じて広くチェックしておくのがポイントです。
新規の会社も含めると、最安値を探すのは非常に面倒そうに思えますが、今ではオンラインでほとんどのキャリアをカバーしつつ比較も容易になっています。
当サイトでも、チケットの価格比較で損をしないためのポイントを紹介しています。

気になるチケットが見つかったら、とりあえずすぐにオンライン予約をしておき、決済を確定するまで暫定的に確保しておく方法もとれます。
格安航空券のメリットを享受するには、このようにオンラインサービスによる恩恵も欠かせないのです。

まとめ

国内でも航空サービスの規制緩和と多様化、低料金化が進んだおかげで、国内各地への旅行がもっと気軽なものになりました。
これからは、新規航空会社の更なる普及と競争によって、大手にもひけをとらないサービスが提供される、明るい展望も伺えます。とはいえ、大手でも大手にしかない魅力がまだまだあるのも事実です。

ローコストキャリアと、大手航空会社でそれぞれのメリット・デメリットも知っておき、旅の目的・要望に応じて賢く使い分けていく方法を心得るために、当サイトを役立てて頂ければと思います。